医療 外来 入院 健診 在宅介護サービス アクセスマップ
介護 入所 通所リハビリ ショートステイ 採用情報

情報ブログ

2014年8月 1日 金曜日

カフェから9名の認知症サポーターが新たに増えました!

 先月、7月のカフェ・オレンジ浪漫において認知症サポーター養成講座を行いました。
 
参加者のみなさんはとても熱心に認知症について学ばれていました。














「尊厳をもって最期まで自分らしくありたい。」

「住み慣れた地域で安心して暮らしたい。」

これは、誰もが望むことですが、この願いを阻み深刻な問題になっているのが「認知症」なんです。


今回、講座を受講された参加者からは、
認知症になっても周囲の理解と気遣いがあれば穏やかに暮らしていくことが可能だと理解できました。
また、誰もが認知症についての正しい知識をもち、認知症の人や家族を支える手だてを知っていれば「尊厳ある暮らし」をみんなで守ることができることも理解できました。

とても有意義な時間であったといっていただけましたhappy01

そうなんですflair

認知症サポーターとは
「なにか」特別なことをやる人ではありません。
認知症を理解した認知症の人への「応援者」なんです。



いつ自分や家族、あるいは友人・知人が認知症になるかもわかりませんsweat01。なので、他人事として無関心ではなく、「自分たちの問題である」という認識を持つことが大切なのです。

当NPO法人では認知症を理解し、認知症の人や家族を見守る、認知症サポーターを一人でも増やし、安心して暮らせるまちづくりの為、今後も定期的に養成講座を開催していきたいと考えています。

 


このオレンジリングがサポーターのしるしです





投稿者 NPO法人ウェル医療介護研究所